春ウコンを自家栽培してみよう!

pic_g050.jpgウコンには素晴らしい効能がたくさんあります。

そうなると『自分でもウコンを栽培してみたい!』と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は、試しに自家栽培してみるのがおススメです。

地域の気温や湿度環境さえ整っていれば、実はベランダのプランターなどでも育てられるのですよ。

場所は日当たりが良いところ、土は特に選ばないようです。

ただし、土の環境を整えるのは栽培の基本であり、またその中で育つウコンの質も変わってきますので、出来るだけ質の良い肥沃な土壌を作りましょう。

また、春ウコンを栽培する場合は湿気も気にしなければなりません。

土が乾燥しないよう、小まめに水遣りをする必要があるようです。

日本で栽培されているウコンには秋ウコン・春ウコン・紫ウコンと3種類ありますが、どれを育てるにしても植え付けは4月~5月です。

春ウコンは7月~8月頃に開花し、10月~11月にかけて葉が黄色くなった頃が収穫時期です。

秋・紫ウコンは春よりも遅く、花が咲くのは8月~10月下旬、収穫時期は10月~12月中旬となっています。

収穫したウコンを貯蔵する場合、温度管理は特に重要となります。

もともと寒さには弱いのですが、春ウコンは他のものに比べて特に耐寒性が弱いです。

次回植えるための種イモとして残す場合は、茎や細い根を残した状態で水洗いせず、ネットなどに入れて地中で保存したほうが良いようです。

屋久島春ウコン粉末
屋久島春ウコン粒