春ウコンの有効摂取量

pic_g079.jpg抗酸化作用や健胃機能・解毒作用などさまざまな効能がある春ウコンですが、沢山取ればそれだけ健康になると言うものではありません。

というのも、ウコンは過剰摂取をしてしまうと逆に肝臓に負担をかけたり、その機能を低下させたりする危険性もあるのです。

ごくまれですが、皮膚の痒みや肝機能障害、胆管障害などの副作用が出ることもあるようです。

そして残念ながら、その副作用は本当にウコンの過剰摂取が原因なのか...まだはっきりとは分かっていないのが現実のようです。

それでも、備えあれば憂いなし。

現在内臓疾患をお持ちの方、また疑いがある方は、摂取前に必ず医師に相談しておきましょう。

そして妊娠中、肝臓疾患・胆石などを煩っている方は、もしもの事を考えて摂取を控えたほうが良いかもしれません。

また、健康食品で特にありがちなのが、「コレを飲んでいるから大丈夫!」と気持ちが安心してしまい不摂生が更に酷くなることです。

あくまでも『健康になることを補助する食品』の一つであって、薬品ではないことを忘れてはいけません。

その効能はあくまでも補助でしかないのです。その事を肝に銘じておきましょう。

一番の効果は、日々の生活を健康的に正すことにあります。

ウコンは、1日辺り3~5グラムが有効摂取量だそうですよ。

過剰摂取に気をつけ、正しい使い方で効能を活用しましょうね。

屋久島春ウコン粉末
屋久島春ウコン粒