春ウコンは、錠剤か粉末か?

GUM14_PH02015.jpg春ウコンは大変苦味が強いので、基本的には生で食べるのは難しいです。

調理をしてもあの苦味は残るので、よっぽど『この苦味が好き!』と喜ぶような方でなければ長期間の摂取に嫌気が差すでしょう。

そんな方の為に、一般的に売られている春ウコンは加工され、サプリメントとして販売されているものが多いです。

加工過程で熱処理が加えられていたり、添加物が混ぜられたりしている商品もありますので、購入前に何がどれだけ含まれているかをきちんと調べておくと良いでしょう。

健康食品の効能は最低3ヶ月は飲み続けないと効果が出てこない、と言われています。

特に春ウコンは飲みにくいので、長期間の摂取を考慮するとサプリメントはおススメです。

錠剤のメリットは、飲み方を調節すれば舌に味を感じにくく出来る点です。

苦いのが本当に苦手な方は錠剤を選択するほうが良いでしょう。

またコストパフォーマンスに非常に優れているので、毎日の摂取に負担がかかりにくいのではないでしょうか?

粉末の利点は、飲み物や食べ物に混ぜやすい事と、その他の用途にも活用しやすい点です。

冷え性の改善には、ウコン粉末をお湯に混ぜて足湯をすると良いでしょう。

また、コップの水にウコン粉末を入れてうがいをすると、風邪の予防にも効果的なのです。

このように料理や飲用以外の活用法には、粉末タイプの方が使いやすいかもしれません

屋久島春ウコン粉末
屋久島春ウコン粒